便秘と腸内洗浄の関係とは?

あなたも便秘で悩んでいませんか?【腸内洗浄-腸内洗浄で体の中から美と健康を目指す!】

腸内洗浄・便秘

腸内洗浄を行う理由としては、皆さん便秘解消の問題ではないでしょうか?

便秘になるとご存知のように肌荒れだけでなく、頭痛や肩こり、また気持ちもイライラしがちです。

一般的に便秘には、症候性便秘と機能性便秘に分けられると言われています。

症候性便秘は例えば、大腸ポリープなど腸内の排便を妨げる疾患などが原因となります。したがって症候性便秘の場合はまずこの疾患を治療しないと便秘も解消されないでしょう。

機能性便秘の場合はストレスや日常習慣などが主な原因で腸の働きが弱まったり、便意をきちんと感じることが出来ないために起こります。

この場合、ストレス解消や食生活の見直しをすることによって、改善できる場合があります。

現代人の食生活は、食物繊維が不足しがちなので意識的に繊維質が多い食材や料理を取り入れることが大切です。また、便秘気味の方は水分の摂取が少ないケースも見受けられます。

その他には、加齢によるホルモンバランスの乱れや、治療中の投薬による副作用なども考えられます。

いくつかある便秘解消の選択肢の一つとして、腸内洗浄はいかがでしょうか?

病院で行う医療行為としての腸内洗浄から、自宅で行えるキットを使用した腸内洗浄までバリエーションはさまざまです。





腸内洗浄-腸内洗浄で体の中から美と健康を目指す!

自宅で行う腸内洗浄

腸内洗浄を自宅で行う場合の注意点など・・・【腸内洗浄-腸内洗浄で体の中から美と健康を目指す!】

腸内洗浄・自宅


腸内洗浄自宅で行う場合は、水は一般家庭の水道水でよいのか迷うかもしれません。水道水を使用してよいかどうかということに関して、各メーカーや病院によっても回答はさまざまなようですが、水道水でも特に問題は無いようです。

心配であれば、スーパーやドラッグストアで販売されている濾過水を使用すると良いでしょう。また自宅に持ち帰ってから菌が繁殖する可能性もあるため、一度煮沸消毒すれば安心です。

腸内洗浄を行う前に排便しておくべきかについてですが、排便がきていない状態でも、腸内洗浄の効果はありますが、排便をしておいたほうがより効果的です。肛門の入り口の方にある便をあらかじめ排便しておけば、スムーズに奥までお湯を入れることができますし、奥の方の便も簡単に出てきます。

実際、排便後の方がお湯を注入していく間のおなかの張りや便意がおだやか、という声が多いようです。つまり腸内洗浄を行う前に、ある程度のガスや便を出しておいてからお湯を入れた方が楽ということです。

特に便秘体質やガスが溜まりやすい方であれば、排便後や浣腸後の方が効果が高まったり、比較的楽に腸内洗浄ができます。腸内洗浄が初めての場合、いきなり自宅でやる場合、緊張で500cc入れるだけでも不安かもしれません。初めてですと800cc位でお腹がいっぱいになってしまった、と言う人もいますが慣れればもっとできるようになります。




腸内洗浄-腸内洗浄で体の中から美と健康を目指す!






Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。